豪華なオフィス

IPv6 VPNサービス

ipv6.png

【MELINE光 IPv6-VPNサービスとは】

  ハンジャネットワークスが提供するNTTフレッツ光コラボレーションサービスであるMELINE光を使い

   拠点間をIPv6網で高速接続するVPNサービスです。

 NTTフレッツ光コラボレーションサービスとは、NTT西日本が提供しているフレッツ光回線をそのまま

      利用しプロバイダーとセットになって提供しているサービスです。

      光回線そのものは、フレッツ光とまったく同じ品質です。

【本サービスの最大の特徴】

  NTT 西日本のフレッツ網内に閉じた通信を実現することができる点にあります。

     NTT 西日本のフレッツ網は、PPPoE や IPoE 契約により ISP 接続を行わない限り、インターネットから

  確実に遮断されており、国内や外国のインターネットから、不正侵入される恐れがありません。

     従来の「フレッツ VPN ワイド」や、各種通信事業者のフレッツベースの閉域網 IP-VPN サービスと同等に、

  インターネットから完全隔離された安全な拠点間 VPN を構築することができます。

     このサービスを利用すれば「ビジネスイーサ」などの高額な法人向け専用線サービスや 「フレッツ・

  VPNワイド」、各種通信事業者のフレッツベースの閉域網IP-VPNサービスと同様に、インターネットに

  接続されない状態でフレッツ網内に閉じた通信を安価に・広く活用できます。

ipv6-vpn-img.png

​NTT光設備網内を折り返すだけなので高スループット!

【3つのメリット】

     MELINE光 IPv6-VPNを、一般的なVPNサービスと比較すると、大きく3つのメリットがあります。

  1.遅延時間が短い

      1つめのメリットである遅延時間の短さは、VPNの利用を考えると大きなメリットです。

     遅延時間とは、拠点間の通信において一方の拠点からパケットを送ってから、もう一方の拠点に届く

   までにかかる時間のこと。Windowsのファイル共有(CIFS)のように遅延時間の長さがスループットに

   大きく影響するプロトコルを使った通信では、遅延時間の短さによりパフォーマンスが向上します。

2.障害やメンテナンスが少ない

      2つめのメリットは、NGN-VPNでは構造的に障害が起こりにくいと考え得る点です。

      上図に示したように、 MELINE光 IPv6- VPNは、NGN内で通信が折り返され、最低限の機器設備しか経由

   しません。他のVPNサービスは、通信事業者(ISP)のネットワークにつながるため、拠点間通信はNGN内

   の終端装置から通信事業者の通信網を中継します。

      複雑な中継機器を多く経由する分、それぞれの機器の故障による障害や、メンテナンスの影響を受ける

   リスクが高まります。こうした理由からMELINE光 IPv6- VPNのほうがサービスの継続性が高くなり、

   可用性が向上すると期待できます。

3.拠点間通信で輻輳が生じにくい

     3つめは、通信の安定性でこれもNGN-VPNの構造に起因します。

      一般のサービスでは通信事業者の網との接続点(相互接続点=POI)を経由します。このため、ユーザー

   のトラフィックはPOIに向けてどんどん集約される構成となっており、通信量が増えると設備の負荷が高く

   なり、いわゆる処理が追いつかなくなる「輻輳」(ふくそう)が生じる可能性があります。

      輻輳が発生すると、パケットの一部が消えてしまったり、パケットが届く順番が入れ替わったりといった

   トラブルが起きやすくなります。

      一方、 MELINE光 IPv6- VPNでは、拠点同士がPOIを経由せずに直接通信できるため、構造的に輻輳が生じ

   にくいのがメリットになります。

      MELINE光 IPv6-VPNの遅延時間が短いのは、他のVPNと比べて経路が短いからです。フレッツを使うIP-VPN

   やエントリーVPN、インターネットVPNは、NTT東西が提供するフレッツを通じて他の通信事業者の通信網

   やインターネットを経由します。一方、 MELINE IPv6- VPNでは、通信がNTT東西の網の外に出ず、NGN内

   で折り返すので、大幅に経路が短くなります。

ping.png

拠点A,B間をIPv6-VPNで結び、拠点Aから拠点Bへ設置されているサーバーへpingを打ってみたところ

驚きの応答速度が!なんと 平均3ms

これは社内ネットワークとほぼ同等の速度です!

拠点Aから拠点Bへ設置されているサーバーへのping値(応答速度)

【MELINE光IPv6-VPNサービスの特徴】

・インターネットを経由せず、NTT光網内折り返しなのでパフォーマンス(通信速度)が高い。

・ISPを経由せず、NTT設備網内だけなのでセキュリティが高い。(フレッツVPNワイドとほぼ同じ)

・同品質のフレッツVPNワイドを契約せずともよい。(VPN管理者10,800円、VPN参加者1,800円などが不要)
・NTTの閉域網を使ったNGN-VPNであるため、低遅延で障害が少ない。

・ネクストハイスピードの品目でも拠点間通信が概ね1Gbpsを実現できる。(通常ハイスピードは最200Mbps)

・MELINE光のオプションサービスなので利用料金が他のVPNサービスに比べて安価である。

 MELINE光以外のフレッツサービスでも利用できます。)

・WAN側のみIPv6であるため既存のネットワークはIPv4のまま利用できる。(IPv6を意識しなくて良い)

【 構築例 】

MELINE光IPv6をWAN側に使いVPNを構築することにより各支店同士、本社への接続が可能。

インターネットへは本社を経由することにより一元管理できます。

(各支店でISP契約することにより、それぞれ

インターネットへ接続することもできます。)

ipv6-vpn-img2.png

各支店の通信はすべて本社経由のため、セキュリティ対策を一括管理できます。

​また、各支店はインターネット契約しなくて良いためコスト削減にもつながります。

【 料金について 】

      MELINE光 IPv6 VPNサービスは、MELINE光のオプションサービスであるため、MELINE光 の基本料金

   以外にに下記の料金が発生いたします。

 

【MELINE光IPv6-VPNサービス料金】

    初期費用

    

 

 

    月額利用料金    

ipv6-vpn-price1.png
ipv6-vpn-price2.png